Dignity & Noble

名東区本郷駅北Ⅱ


一見すると恵まれた広い敷地に思えるが、建築物への目には見えない法規制が厳しい敷地である。
その制限を逆手に取り、新たな発想によって豊かな空間の実現を目指した。

角地という条件、街の顔としてのデザインが問われる為、外観はバルコニーの上部が吹抜となるスカイバルコニーを計画し、法規制をクリアしながら美しい陰影による威厳と高潔を感じられる佇まいとした。

内部空間はキッチンにL型やアイランド型を採用し、視覚的な広がりと豊かな繋がりを生み出すように、リビングの壁面に沿って家具やカウンターを造作し、空間を演出するエレメントとした。