プライベートリゾートの家

名東区一社Ⅲ


洗練された住宅街を形成する名東区。
いまやこの地に住むことがステータスをも感じさせるエリアとなっている。
そんな敷地に対する住宅計画として、都市の喧騒を忘れ、静かな暮らしを手に入れることができるプライベートリゾートをコンセプトとした邸宅を考えた。
印象を左右させる素材の選定や照明計画に気を配り、造作家具、エタノール暖炉、ミセスルーム、ビルトインガレージの上階にはスカイガーデンを設け、
多忙な日々の疲れを癒せるように、上質な時間を過ごすことのできる空間づくりとした。