アーレックス株式会社

AREX Life

まだ知らないベトナムを、ハノイの街角から。

ベトナム人って、こんな人たち。

Mai〈ベトナム・ハノイ在住〉



近年旅行先として人気が高まっているベトナム。料理、アジアン雑貨、スパ体験などはどれも魅力的ですが、まだそれほど知られていないベトナムの姿もちょっとのぞいてみませんか?
発展を続ける首都ハノイから、6回にわたって現地の空気をお伝えしたいと思います。



ベトナム人は、人との距離が近くてサッカー好き。

初回にご紹介するのはベトナム人の人柄について。ベトナム人はとても子ども好きで、私も子どもと一緒に通りを歩けば、外国人という珍しさとも相まってよく声を掛けられます。
もともとベトナム人は人との距離がとても近く、大人になっても仲良く手をつないだり、男性同士で肩を組んで歩いたりしています。ボディタッチに慣れない日本人にはちょっと驚きの光景です。

また、サッカーはとても人気があるスポーツです。2018年1月、23歳以下のアジア選手権でベトナムが決勝に進出した時は、街中が大変なお祭り騒ぎに。道路は赤地に黄の星のベトナム国旗を掲げて走り回るバイクで埋め尽くされました。
惜しくもウズベキスタンに敗れてしまったのですが、選手の凱旋パレードも行われ、ハノイ中はしばらく大フィーバー!ベトナム人の愛国心を感じた出来事でした。

2018年6〜7月に行われたロシアでのワールドカップにベトナムは出場できませんでしたが、日本戦はすべて国営テレビで放送されていました。日本がコロンビアに勝利した翌朝は、顔見知りの守衛さんが私を見るなり握手を求めて来て「ジャパーン!」と叫んでいました。
ベトナムは親日国であり、同じアジア勢として日本の勝利をとても喜んでくれたようです。



予定は未定。でも憎めない。それもベトナム人のいいところ。

ベトナムではあくまで“予定は未定”です。ハノイ市街で建設中の地下鉄は、今年こそ開通するとずっと言い続けながら、なかなか実現しません。ベトナム語を教えてもらっていた学生はこう言いました。「ベトナム人の予定というのは、信用してはいけません」。

言われてみれば、その学生に日本語を教えてほしいと頼まれたのですが、こちらが予定を空けて待っていると当日キャンセルされる、ということがよくありました。どうやら約束や予定というものについての感覚が日本人とは違うようです。戸惑うこともありますが、ベトナム人は大人になっても子どもの心を失わない人たちのように見えます。いったん親しくなればとても世話好きで、なんだか憎めないのです。


Mai
ベトナムの首都ハノイより、カオスなアジア都市の日常をお届けします。
○プロフィール
2016年よりベトナム・ハノイ在住。趣味は外国語学習。ただし、なかなか特技にならない1児の母です。
お問い合わせ・資料請求(無料) 来場予約(無料)
サイトマップ