アーレックス株式会社

AREX Life

肩の力を抜いた、お弁当づくりのアイデア。

温かいスープジャー弁当で、ほっとするランチタイムを。

福岡 かおり〈キッズキッチンインストラクター〉

具沢山の春雨スープ弁当

これからますます寒くなるなか、体に優しい温かいお弁当はうれしいですよね。
そこで活躍するのがスープジャー。盛りつけ不要で使い方もシンプル。それでいて食べるときには幸せな気持ちになるという、いいことずくめ。
今回は、そんな心も体も温まるスープジャー弁当をご紹介します。

まず、おすすめなのが「スープ弁当」。具沢山のスープやお味噌汁があれば、あとはおにぎりやパンだけで十分。フルーツをプラスすれば栄養満点のお弁当のでき上がりです。

作り方はとても簡単。好みの味つけをしたスープと具材を小鍋でひと煮立ちさせてジャーに移すだけ。保温しながら、ゆっくり加熱も進むので完全に火を通す必要がなく、忙しい朝にもぴったりです。

肉類はしっかり加熱をしてから入れた方が安心ですが、ツナやハム、ちくわなどそのままでも食べられるものなら心配いらず。春雨やマカロニなどを加えるとボリュームが出ます。

味のしみたおでん弁当

前日に作ったものでも温め直せば良いので、おでんやポトフ、シチューなどもぴったりです。
アツアツの汁もたっぷり入れておけば、食べるときまでに味がしみて、いっそうおいしくなります。

おかゆ弁当

また、「おかゆ弁当」もおすすめです。お米と熱湯を直接ジャーに入れて放置するだけで、なんとおかゆを炊くことができます。また、シンプルなおかゆもおいしいですが、熱湯と一緒にダシ食材を入れておくと旨みがアップします。
細かく切ったダシ昆布やかつおぶし、干ししいたけ、干しエビ、ちりめんじゃこ、切り干し大根などを一緒に入れれば、ダシも出て具材としても食べることができるのでおすすめです。

おすすめダシ食材。右前から時計回りに、削りぶし、昆布、干ししいたけ、ちりめんじゃこ、切り干し大根、干しエビ。

手軽にバリエーションを広げるならスープの素やフリーズドライのスープを活用しても良いでしょう。白米を押し麦や雑穀などに変えるとよりヘルシーに。いずれも熱湯を注ぐだけで温かい主食ができ上がるなんてうれしいですね。

スープジャーの一番の特徴は何といっても保温性の良さ。正しく使うと6時間ほど温度がキープされます。注意点は次の3点。

①スープジャーを余熱する。

まず熱湯を注いで2分ほど温め、湯を捨ててから使うのがコツです。

②沸騰したアツアツの状態で入れる。

汁だけでなく具材も加熱することで冷めにくくなります。

③たっぷりの量を入れてすぐに蓋をする。

9分目くらいまでたっぷり入れてください。保温バッグに入れておくとさらに良いですね。

以上を守れば味つけアレンジ無限大、調理時間はわずかなので忙しい朝にもぴったり。温かいスープジャー弁当で、ほっこりした1日をお過ごしください。

★スープジャーで作るおかゆ

○材料
米(雑穀など)………………………大さじ2~3
熱湯……………………………………適量
塩………………………………………ひとつまみ

○作り方
①スープジャーに熱湯をたっぷり入れて蓋をし、2分ほど温めておく。
②一度湯を捨ててから、洗った米と塩と熱湯を入れて蓋をする。
③そのまま放置しておけば、おかゆが完成。2時間以上6時間以内が食べごろ。
※ダシ食材やスープの素などと一緒に熱湯を注げばいろんな味に。

 

★トマトリゾット

○材料
米………………………………………大さじ2
トマトジュース………………………約150cc
塩こうじ………………………………小さじ1/2
しめじ…………………………………1/2袋
玉ねぎ…………………………………1/4個
ベーコン………………………………1枚
粉チーズ………………………………適宜

○作り方
①小鍋にトマトジュースと細かく切った野菜やベーコン、米も一緒に入れて温め、塩こうじで味つけ。
※塩こうじに粉チーズを加えてもOK。
②アツアツになったら、予熱しておいたスープジャーにたっぷり入れて蓋をする。2~6時間が食べごろ。
※米の代わりに春雨やマカロニなどでもOK。
注意:雑菌が繁殖しやすい温度は約40度です。
一般的なスープジャーは6時間で約60度、7時間で約50度になります。作ってから6時間以内なら雑菌の心配
も少ないです。ただしメーカーや容量、気温によって差があります。



福岡かおり
「手を抜くのではなく肩の力を抜くことが、毎日の食事作りを楽しむコツ」。お弁当作りも無理なく続けられるような提案をしたいと思っています。
○プロフィール
キッズキッチンインストラクター。食育インストラクター。子ども主体のお料理教室やママ向けのお料理教室を開催しています。食べる・飲むことが大好きで、お料理するのも好き。「食・食卓」は家族や周りをハッピーにすると信じて食育活動をしている子育て母です。 
【インスタグラム】 http://www.instagram.com/kaorin.kai
お問い合わせ・資料請求(無料) 来場予約(無料)
サイトマップ