アーレックス株式会社

AREX Life

考えてみよう、灯りと暮らしのいい関係

空間演出に活かせる、灯りの効果的な使い方。

梅原ゆい〈インテリアライター〉


照明器具は単に部屋に灯りをともすだけではなく、空間を演出するものでもあります。今回は照明器具の中でも、ダウンライトとシーリングライトの特徴を紹介するとともに、インテリアと灯りの色の関係についてもふれていきます。



多様に活かせるダウンライト

ダウンライトは天井に埋め込む照明。複数を設置して主照明として使うことができますが、リビングなどでは補助照明として活用することもできます。主照明としてシャンデリアやペンダントライトを設置して、周囲にダウンライトを配置して明るさを補うような例はとても有効な活用法です。

また、使いたいペンダントライトがあるものの、一灯ではダイニングが暗くなってしまうという場合は、ダウンライトと併用すれば必要な明るさを確保することができます。
梁や下がり天井があるため主照明の光が届きにくく、暗くなってしまうような場所でも、ダウンライトは活躍します。

さらに、ダウンライトの中でも角度を変えられる「ユニバーサルタイプ」なら、スポットライトのように壁のアートや観葉植物に光を当てることができたり、照射範囲の狭い「ピンホールタイプ」なら棚の上のオブジェを照らすことができたりなど、陰影のある空間をつくることもできます。



住まいの様々な空間で使われるシーリングライト

シーリングライトは天井に直付けするタイプの照明器具で、多くは乳白色のカバーで覆われています。広範囲を照らすのが特徴で、日本の住宅ではリビング・ダイニングや寝室、子ども部屋などに広く使われています。
以前は蛍光灯が用いられていましたが、最近ではLEDシーリングライトが主流となりました。

灯りの色でインテリアは変わる

照明の光の色は、主に温かみのあるオレンジ色の「電球色」と、太陽の光に近い自然な色味の「昼白色」があります。カフェのような落ち着ける雰囲気を求めるなら「電球色」、パソコンを使ったり、読書をしたりするのであれば「昼白色」が向いています。
最近では電球色と昼白色の中間の色の「温白色」もあり、インテリアになじみやすい色として人気を集めています。
また、LEDシーリングライトには、灯りの色を変えられる調色機能がついたものもあり、くつろぐ時と新聞などを読む時とは色を変えることができるため、様々な用途に使われるリビングにはおすすめの照明です。


梅原 ゆい
照明は、単に空間を明るく照らす役割を果たすのではなく、空間を演出する役割も持っています。灯りにこだわることで、住まいで過ごす時間が、極上の時間に。暮らしを豊かに演出する、灯りに関する情報をお届けします。
○プロフィール
メーカー勤務の傍ら、インテリアスクールに通い、インテリアコーディネーターに転身。モデルルームのコーディネートや戸建て住宅の内外装のコーディネートなどに従事しました。結婚、出産を経て、住宅関係を中心にライターとして活動中。
お問い合わせ・資料請求(無料) 来場予約(無料)
サイトマップ