愛知・名古屋の新築一戸建ての新築住宅,分譲住宅,デザイナーズ住宅ならアーレックス株式会社

AREX Life

考えてみよう、灯りと暮らしのいい関係

空間演出の名脇役、ブラケットやスポットライトの効果的な使い方。

梅原ゆい〈インテリアライター〉


日本では、シーリングライトなどの主照明で部屋を照らす“一室一灯”が一般的ですが、欧米では主照明に補助照明をプラスする“一室多灯”がほとんどです。前回ご紹介したフロアスタンドのように、補助照明をプラスすることで陰影が生まれてリラックスできる空間になります。

今回は、空間演出の名脇役として使われるケースが増えてきた補助照明についてのコラム第2弾として、ブラケットとスポットライトをご紹介します。これらを新居に採用したいと考えた場合、設計段階から計画に組み込む必要があるため、事前に特徴を知っておくことが大切です。


器具自体もアクセントになる「ブラケット」

ブラケットとは、壁付けの照明器具のこと。廊下や階段に複数のブラケットをつけて、主照明として使われることもありますが、リビングや寝室などの居室では補助照明として活用されるケースがほとんどです。
ブラケットは器具によって光の広がり方に違いがあり、セード全体から柔らかな光がもれるタイプのほか、上方のみを照らすタイプ、下方のみを照らすタイプ、上方と下方を照らすタイプなどがあります。下方のみを照らすタイプは、アートや観葉植物を照らすのに向いています。

また、ブラケット自体を空間のアクセントとして使う場合、配置方法を工夫すると印象的な空間をつくることができます。例えば、絵を挟んでシンメトリーに配置するといったアイデアもいいですね。


光を当てる位置を調整できる「スポットライト」

スポットライトはネックの部分を可動させて、光を当てる位置を調整できることが大きな特徴です。例えば観葉植物を照らす場合、置き場所を決めてから光の位置を調整できるため大変便利です。また、吹き抜けにスポットライトを取り付け、梁や壁を照らして空間に陰影を出すといった使われ方もします。
壁付けや天井付けのスポットライトのほか、最近ではダクトレールに取り付けるタイプのスポットライトもよく見かけますが、これらは主照明として使われることが多いようです。

リビングなど家族が集まる空間や、寝室や子ども部屋などのプライベート空間でも、ブラケットやスポットライトはとても効果的な演出ツールなります。新しい住まいに、ぜひ取り入れてみてください。

6回にわたって、暮らしの灯りについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
暮らしを彩るツールの一つとして、灯りを工夫すると素敵な空間が生まれます。ぜひ試してみてください。


梅原 ゆい
照明は、単に空間を明るく照らす役割を果たすのではなく、空間を演出する役割も持っています。灯りにこだわることで、住まいで過ごす時間が、極上の時間に。暮らしを豊かに演出する、灯りに関する情報をお届けします。
○プロフィール
メーカー勤務の傍ら、インテリアスクールに通い、インテリアコーディネーターに転身。モデルルームのコーディネートや戸建て住宅の内外装のコーディネートなどに従事しました。結婚、出産を経て、住宅関係を中心にライターとして活動中。
お問い合わせ・資料請求(無料) 来場予約(無料)
サイトマップ