アーレックス株式会社

AREXのコンセプト

お客様の声

以前からテレビCMで知っており、デザインが良いという印象がありました。
見に行った土地の立地条件が気に入って、ここにアーレックスの家を建てたいと思いました。
営業の方の対応が迅速だったのも決め手でしたね。
時間がない中、思い通りの家ができたので、アーレックスを選んで正解でした。
私たち60代の夫婦が長く暮らすためには、バリアフリーは欠かせないものだと思っています。
そのため、フラットであること、そしてスムーズな動線が確保できることが条件でした。
できるだけ移動を少なくするため、
1階のパブリックスペースだけで1日の生活が完結できるようにしました。
玄関の広さにもこだわりました。ゲストにとっても自分自身にとっても、広い空間が迎えてくれると、家の第一印象が変わると思いますからね。
キッチンは使い勝手と開放感を両立させたペニンシュラ型にしました。
油はねなどは、ガスコンロの前にキッチンガラスを付けて防ぐようにしました。
また、和室はあらかじめピアノを置くことを想定して設計していただきました。
窓や照明の位置、クロスや畳の色など、設計担当の方による細かな配慮のお陰で、念願の“ピアノが似合う和室”が実現できました。
設計段階では水場も設けてあったのですが、それらは1階に集中させたかったのでプラン変更をお願いしました。
寝室は夫婦別。ただお互いの存在が感じられるように、収納スペースを兼ねた通路で二つの部屋がつながっています。
お互いが居心地良く、リラックスできる空間にしたかったので、設計担当の方に3回ほど図面をつくっていただきました。
気に入ったアジアンテイストの家具があったので、それが似合うコーディネイトにしていただきました。
LDKの照明はダウンライトに間接照明をプラスして、おしゃれな雰囲気を楽しんでいます。
家具や照明プランだけではなく、カーテン、家電などについても設計担当の方に相談に乗っていただき、とても感謝しています。

室内の開放感あふれる雰囲気、そして建物見学会で見て心ひかれたと話される外観の色づかい。
新居はそれらが醸し出す明るさがとても印象的でした。
お気に入りの家具が置かれたリビングは、ご家族の指定席。
これから長い間、愛着を持って暮らせるお住まいが完成したようです。
お問い合わせ・資料請求(無料) 来場予約(無料)
サイトマップ