アーレックス株式会社

AREXのコンセプト

お客様の声

様々な機器や設備がどれだけ充実しているかは、とても気になりました。また、石や木を内装にも効果的に使いたいと思っていました。他にも、吹抜けやテラスの設置、豊富な収納スペースなど、生活する場として、またくつろぐ場として十分な機能を持っている住まいが私たちの希望でした。

アーレックスの別の物件を見て、デザインがとても気に入りました。営業の方の対応も良かったのですが、残念ながら立地が希望するものと違い、その時は見合わせました。
しばらくして、学校区など私たちが求めていた立地条件にぴったりと合う土地がある、と営業の方がこの土地を紹介してくれました。自由設計で建設が可能だったので、迷うことなく決心しました。
気になる設備面は、アーレックスの標準装備のものがとても良かったので、その点でも安心でした。

設計担当の方がつくった間取りプランは、全体の構成はもちろん、十分な広さを持ったパントリーやシューズインクローゼットなど機能的にも優れていてすんなりと決定しました。逆に、時間をかけてじっくり検討したのが内装材や設備でした。アーレックスの他の物件や設備・機器のショールームには何度も足を運び、実際に見て判断しました。エントランスや庭に植える木まで見に行ったんですよ。
その甲斐あって、イメージ通りの仕上がりになりました。

○石を内装に活かした箇所
玄関ホール床………… 玄関の雰囲気がとても良くなり、満足しています。
TVボード背面……… アーレックスの他の物件で見て、ぜひ使いたいと思っていました。
システムキッチン…… 使用した人造石(天然水晶を使用)は、衛生面・機能面で自然素材の欠点を克服した素材です。

○木を内装に活かした箇所
梁見せ天井…………… 梁を隠さず、ナチュラルな木の良さをそのまま活かしています。
LDKの床…………… 挽き板材を使用。暖かく重厚感があるので素足でも気になりません。
パントリーがあるスペースは通常の床材を使っていますが、そこからキッチンへ移動すると違いがよくわかります。
ダイニングテーブル… LDの雰囲気に合うものを選びました。床材や梁との相性がとても良いと思います。

○玄関吹抜け
設計担当の方も一度カタチにしたかったと言う吹抜けブリッジを採用。ブリッジは書斎につながっています。
また、玄関に吹抜けを設けたことで、家の中に明るい光を届けてくれます。

○その他
テラスとリビングルームとの段差をなくすために、予め調べておいたグレーチング(格子状の蓋)を組み込んでもらうようにお願いしました。
リビングルームのテレビボードを木から鏡面仕上げの素材に変更しました。横の収納棚と見た目を揃えたいと考えた結果です。また、人造石の機能性に惹かれたので、システムキッチンのグレードをアップしました。

とても満足しています。ただ、台風がやって来たときには風や雨の音が気になったので、寝室の窓にシャッターを設置すれば良かったと思いました。
また、テラスに日よけがほしいと考えているので、設計担当の方と相談しながらぜひ実現したいと思っています。
住宅設備は住まいの快適性や機能性を考えるうえで、とても重要なファクターです。最適な設備を選ぶためにはある程度の知識が必要ですが、アーレックスが標準装備に設定している設備は非常に充実しているので、そのまま安心して住むことができると思います。

設備だけでなく、内装に石や木を効果的に使うなど、随所にこだわりが活かされている住まいは、手をかけた分愛着も大きいご様子。さらに快適な空間にしていくために、思いはまだまだ広がっていくようです。

担当建築士 
竹本 厚

シンプルで無駄のない動線計画や使い勝手の良い住空間を常に追求し、ご家族一人ひとりが日々暮らしやすい機能的な住まいを提案している。
お問い合わせ・資料請求(無料) 来場予約(無料)
サイトマップ