光明の家

名東区神里


公園に面した視界が抜けるこの場所にシンボリックな邸宅を設計した。
空に向かい大きく伸び上がるようなフォルムは、機能とデザインの融合により生み出されたものである。
アプローチには植栽の映える外壁と印象的なタイルを採用し、期待感を演出した。
南面に大きく開口をとり、内部への光を取り込みつつ外からの視線を遮るよう計画をした。
広い庭を見渡しながら、家族団らんのプライベートな時間を過ごすことができる空間となっている。
日々があわただしく過ぎていくなかで、ここの空間だけが時がゆったりと感じられる、
そんな邸宅である。

|| 受賞暦 ||
「ニチハサイディングアワード2019」入賞