大森の平屋の家

守山区大森八龍Ⅲ


傾斜地に根付く平屋の住宅。
自然のままにあえて残した緑に調和する塗壁、建物の中と外をつなぐ木のぬくもりを感じさせる軒庇。
まるで庭園のようなアプローチ階段を上がっていくと、展望台のように景色が抜ける。
傾斜の特性を生かしたスキップロフト、景色を望むことができる庭やデッキを全居室に設けるなど、
内外含めた空間に連続性を持たせることで、立地条件を最大限に活かした平屋住宅を実現した。