愛知・名古屋の新築一戸建ての新築住宅,分譲住宅,デザイナーズ住宅ならアーレックス株式会社

AREX Life

ドバイってどんな都市?の答えがここに

ドバイの旧市街を散策して、掘り出し物を探そう。

原田 美香〈アラブ首長国連邦・ドバイ在住〉


バスタキア地区の路地。

ドバイ旧市街には、ドバイクリーク(運河)をはさんで、3つのスーク(市場)と歴史的建造物が保護されているバスタキア地区という人気エリアが点在しています。今回は、そんな旧市街を散策して掘り出し物を見つけるポイントをご紹介します。

まずはテキスタイルスーク、そしてバスタキア地区があるバールドバイと呼ばれるエリアから。テキスタイルスークにはたくさんの布地店が立ち並び、アラブ人男性が着る白いカンドゥーラや、女性が着る黒いアバヤ用の布が豊富に揃っています。また、インドのサリーやドレス用の生地、さらにはコットンやレーヨン生地などもズラリ。色柄もとりどりで、お気に入りを見つけたらテーラーで仕立てることもできます。混んでいなければ1週間くらい、急ぎの場合なら3〜4日でつくってくれる場合もあります。
時間に余裕がある方は、世界で1着だけの服を手に入れてみてはいかがでしょう。


いたるところにアート作品。

テキスタイルスークの近くには石造りの要塞で囲まれ、かつての風情を残すバスタキア地区があります。政府によって保護・整備されているため昔のままの姿とはいきませんが、趣のあるアラブの雰囲気が残っているフォトジェニックな場所です。
バスタキア地区全体がちょっとしたギャラリーのようになっていて、アート作品がいたるところに飾られています。アラビアらしさと現代的な雰囲気が融合したモダンアラビックアートや壁を上る人のオブジェなどもあり、気に入った作品は購入も可能です。
質のいい物がたくさん並んでいる小物店を覗いてみるのもおすすめです。

また、バスタキア地区のなかには入場無料のコーヒーミュージアムがあります。アラブの伝統的な飲み物であるアラビックコーヒーの歴史から、世界中から集めたアンティークなコーヒーグッズの展示は見もの。2階には実際にコーヒーが飲めるスペースもあるので、コーヒー好きにはおすすめのスポットです。


コーヒーミュージアム。

テキスタイルスークやバスタキア地区があるバールドバイから、アブラという昔ながらの木製の渡し船に乗って対岸に渡ったところがデイラといわれるエリア。ここにはスパイススークとゴールドスークがあります。アブラは人数が揃ったら出発するシステムですが、家族やグループなどで一隻貸し切ることも可能です。


昔ながらの木造の渡し船アブラ。

デイラに渡ったら、すぐ近くのスパイススークに直行。メイン通りには、各種スパイスが麻袋に山盛りになって並べられているスパイス店、さらにはパシュミナやクッション、サンダルなどの土産店が並んでいます。サフランやシナモンスティック、ターメリックなどは値段交渉をして安く手に入れることができるので、ぜひ挑戦してみてください。
メイン通りから一本路地に入れば、そこは生活用品やギフトラッピング用品などの店が並ぶエリアに。気になる店があれば、ためらわずに入ってみてください。

また、ゴールドスークを歩くと、金を使った奇抜なデザインのジュエリーに目がとまります。残念ながら、シンプルなデザインが好みの私は少しためらってしまいますが、一見の価値はありです。


オリジナル香水を調合できるお店も。

近代的なショッピングモールと違って、小さな店が立ち並ぶスークは、目的を決めずに歩いても楽しい場所です。ドバイの旧市街で、ぜひ自分好みの掘り出し物を見つけてください。


原田 美香
超高層ビルが建ち並ぶドバイ。砂漠が間近にあり、文化遺産も数多く残されているドバイ。そんな様々な顔を持つこの都市の魅力を、日本人の視点でご紹介していきます。
○プロフィール
海が好き。砂漠が好き。2014年に息子を出産後、すぐに夫の転勤が決まりドバイへ。モノより経験、興味を持ったらとりあえずチャレンジしてみるのをモットーに、ドバイでの子育てに奮闘中の母です。
お問い合わせ・資料請求(無料) 来場予約(無料)
サイトマップ